《ポットパイハット小僧(こぞう)/シチュ―()(まわ)し》

ポットパイハット小僧 P 自然文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 7000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
シチュ―引き回し P 水文明[ジョーカーズ] (7)
呪文
GR召喚を2回する。
バトルゾーンにある自分のGRクリーチャー1体につき、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

DMBD-11で登場した自然/ジョーカーズ/ワンダフォースツインパクト

クリーチャー面はマッハファイターに加え、攻撃時にGR召喚を行う。パワーもそこそこ。

目玉なのが呪文面。2度のGR召喚とカード指定のバウンスを行える。何かしらの効果によってGR召喚を妨害されない限りは、2枚のカードの除去が保証されるため、そのスペック《アクア・ナルトサーファー》を大きく上回るだろう。
手打ちでも十分強いが、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》で踏み倒したら《超次元ガロウズ・ホール》以上のアドバンテージを獲得できる。

見るからに【デュエランドエクストラウィン】などの【青緑コントロール】に良さそうな1枚。マナ基盤になる上に両面共に腐りにくく、《夢の変形 デュエランド》の能力の邪魔にならないのが美味しい。

  • クリーチャー面の名前は、「ジョジョの奇妙な冒険」第7部「スティール・ボール・ラン」に登場する「ポークパイハット小僧」が元ネタだろう。呪文面は、「シチュー」と「市中引き回し」を掛けているのだろう。

関連カード

収録セット

参考