《マーチング・スプライト》

マーチング・スプライト VR 水文明 (6)
クリーチャー:サイバー・ウイルス 2000
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他の「サイバー」と付く種族がバトルゾーンに出たとき、カードを1枚引いてもよい。

DM-09で登場したサイバー・ウイルス

サイバー」が場に出るたび、カードが引ける。

種族に「サイバー」と付くクリーチャーをサポートするカードの先駆け。種族をテーマにしたこの弾らしいカード。
しかし、登場から既に《雷鳴の守護者ミスト・リエス》がいたため、コストが重く条件まで付いているこのカードは脚光を浴びる事はなかった。しかも、あちらがアンコモンだったのに対し、こちらはベリーレアと、後から登場したベリーレアが、前に登場したアンコモンに負けているという有様だった。

【マルコビート】等のサイバーロード種族デッキでも《エンペラー・マルコ》で十分であった。そもそもマナカーブ的にあちらが先に出ることが多いため、このカードを出す時には大抵は既に手札が潤っている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-09DMPP-01
    行進の果てにあるものは、奈落か栄光か。

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考


[1] 自身を出した時にも1ドローできるようになった