《マキシマムザ(りょう)(くん)(暴天覚醒(ぼうてんかくせい)MAXIMUM(マキシマム)神羅曼象(しんらばんしょう))》

マキシマムザ亮君(暴天覚醒MAXIMUM神羅曼象) P 闇文明 (7)  
NEOクリーチャー:デーモン・コマンド/ヒューマノイド 13000
NEO進化:自分の、名前に《・》を含まないクリーチャー1体の上に置いてもよい。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、名前に《・》とあるクリーチャーをすべて破壊する。
相手は名前に《・》とある呪文を唱えられない。

DMEX-08で登場した闇のデーモン・コマンド/ヒューマノイドNEOクリーチャー

カード名(中点)を含まないクリーチャーからNEO進化でき、cipで名前に《・》とあるクリーチャーへの全体除去を放つ。さらに、相手の《・》と名の付く呪文を封じることもできる。

見ての通り、名前に中点の入るカードを徹底的にメタるカードである。
そのメタ範囲は挙げればきりがないほど広く、デッキによっては《悪魔神王バルカディアス》を投げ込まれたレベルの被害を受ける恐れも。

カード名はルビ(フリガナ)も参照される裁定(>参照)から、終の怒流牙(ラスト・ニンジャ) ドルゲユキムラ》のような漢字名のカードも読み仮名にしっかり眼に通しておく必要がある。見落としには注意。

《・》の名を持つクリーチャー、呪文は大量にある為、破壊ロックが決まる機会も案外多いだろう。
cipによる破壊は味方も含まれるので注意が必要だが、呪文に関しては相手だけが使えなくなる。

一方、呪文もカタカナの名称で書かれる事が多く、大半の超次元呪文ハンデス呪文がこの範囲内。エターナル呪文パーフェクト呪文も封じてしまうため、活躍はそれなりに期待できる。

超天篇環境で活躍したデッキを挙げるなら、【カリヤドネループ】【ロマノフシャコガイル】などに致命的に刺さる。

このように、多くのカードに対しての妨害になりうるので、今後のゲーム展開に支障をきたしかねないカードだろう。
コストパワー《殺戮の羅刹デス・クルーザー》と同等で実用的。いざとなったら進化速攻・殴り返しを叩き込める利点もある。

ただし、相手によっては全く利かない事もあるので、ガン積みするより、サーチ系を使って柔軟に繰り出していきたい。

  • 「・」を持つよく似た字に《.》や《!》等もあるが、メタ対象にはならない。混同には注意。
  • 《暴君憑依:マキシマムザ亮君》に続く、マキシマム ザ ホルモンとのコラボカード。
    • 「マキシマムホルモン」ではなく、ぞれぞれの単語の間を半角開けた「マキシマム ザ ホルモン」がバンド名の正式表記である。この事は自身の名を冠した楽曲である『maximum the hormone』でも触れられるほどであり、徹底して《・》を排除する能力はこのこだわりから来ていると思われる。

関連カード

収録セット

関連