《マザーブレイン》

マザーブレイン SR 水文明 (8)
クリーチャー:(種族なし) 11000
ブロッカー
W・ブレイカー
自分のターンのはじめに、水の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。
自分のターンの終わりに、GR召喚する。その後、バトルゾーンにある自分のオーラを好きな枚数選び、このクリーチャーに付けてもよい。
相手が呪文の効果でクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-12で登場した種族を持たないクリーチャー

ブロッカーW・ブレイカー呪文限定のアンタッチャブルを併せ持ち、ターンのはじめに呪文手札から1枚コスト踏み倒しできる能力を持つ。更に、ターンの終わりGR召喚した後、オーラバトルゾーンから好きなだけ自身に付けられるという、独自の能力を持つ。オーラをGRでないクリーチャーに付ける能力を持ったカードとしても初。

呪文の踏み倒しは、水に限られているが、コスト制限はないため、《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を唱えることもできる。要求値は高いが、《激天下!シャチホコ・カイザー》《黙示護聖ファル・ピエロ》などを使って、毎ターン呪文を回収できるようになれば、《ガ・リュミーズ》を毎ターン唱えて、無限にエクストラターンを獲得できるようになる。

GRクリーチャーでも進化クリーチャーでもないのにオーラを付けられる珍しいクリーチャー。ただし、ターンの終わりに、既にバトルゾーンにおいてあるオーラしか付けられないので注意。

  • 3つ目のバトルゾーンの自分のオーラを《マザーブレイン》自身につける能力は、誤植である可能性(正:「のクリーチャーに付けてもよい。」)が高い。オーラはGRクリーチャーに付けることを前提に作られているにもかかわらず、GR召喚したクリーチャーをそっちのけで、GRではないこのクリーチャーにオーラを付けるように書かれてあるのは、かなり不自然である。
  • 禁断との関連性のないクリーチャーとしては、《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》に次ぐ無種族クリーチャーである。
    • 「マザーブレイン」と言えば、あの人気のメトロイドシリーズに登場する生体コンピュータの名前であり、あれが元ネタになっているのだろう。元ネタの通りこちらも生体コンピュータであれば無種族なのも納得がいく。

収録セット

参考