《ラスト・バイオレンス》

ラスト・バイオレンス R 光/水/闇/火/自然文明 (8)
呪文
自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
相手の、多色ではないクリーチャーを1体破壊する。
相手は、自分自身のマナゾーンから多色ではないカードを2枚選び、墓地に置く。
自分の山札を見る。その中から多色クリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-27で登場した5色レインボー呪文

シールド追加、多色以外の確定除去多色以外の相手選択の2枚ランデス多色クリーチャーサーチをすべて行う。

4つの全く異なる能力を詰め込んだアドバンテージの塊であり、単なる枚数交換だと《英知と追撃の宝剣》の1:4交換をも超える1:5交換という凄まじい物。またシールド追加やサーチといった直接自分にアドバンテージをもたらす要素も持ち合わせており、デッキや状況を選ばず等しく膨大なアドバンテージを稼ぎ出す。除去ランデスの内容がバウンスではなく破壊効果であることも踏まえて、ひとまず打ち込んでおけば問題ない水準をもったパワーカードである。
一見単に能力を詰め込んだちぐはぐなカードであるが、ひとつひとつ要素を解釈していくとそれぞれが巧妙に噛み合っており、数多デッキで様々な役割を見出すことが出来る、完成度・ポテンシャル共に非常に高いカードとなっている。

性質についてまず言及すべきはフィニッシャー性であろう。
除去ランデスを同時に放つのはテンポアドバンテージの面ですさまじい効力を持ち、場と同時に2枚のマナを持っていかれることで生まれるそれは勝負を決する破壊力を誇る、その凶悪性は《英知と追撃の宝剣》を知るものなら説明はいらないだろう。
さらに《ラスト・バイオレンス》の場合、その内容がバウンスなどの遅延だけのものではなく、破壊ランデスといった直接ソースを消耗させるものであるため、打ち込まれた相手に後続を残さない。結果、相手は多大なテンポロスを強いられた上で手札等をマナに回さざるを得なくなり立て直しが利かないことも多く、そのまま単体で決定打となりえることも少なくない。
特に短期決戦を見据えたデッキ(デッキからのソース補充手段を持たないデッキ)がこれをもらってしまうと、根本的にフィニッシュまで必要なソースが足りなくなってしまうため、下記の防御性能のことも踏まえ勝つことが絶望的になる。
《英知と追撃の宝剣》と同じく連射すれば凶悪性を増し、大体のデッキ相手に1枚目で消耗戦に陥れた上で2枚目を打ち込むこと成功すれば勝負を決したといっても過言ではない。

次に言及すべきはその防御性能である。
シールド追加、確定除去を同時に行うことから、相手の打点を消し飛ばせば相乗効果によりリーサルを大いに遅らせることが出来る。この2つの能力は相乗するだけでなく、シールド増加の効力が薄い大型打点に対して除去が刺さり、逆に除去だけでは防げない「シールド0状態からのスピードアタッカーによる強襲」をシールド追加で防げるという相補関係にもあるため、呪文から生まれる効力とは思えないほど万能で盤面を選ばず有効である。
加えてここでもランデスが有効に働き、これによって相手に失速と消耗を強いるため、大きな隙が生まれることも少なくなく自分はその間に立て直しを図ることが出来る。

デッキによってさまざまな役割や効力を期待できるが、主な性質はこの2点である。また、いろいろ詰め込んであるためわかりにくいが、総合的に見れば、この効果の組み合わせは高いビートダウン耐性を持っていることが分かる。

そして、この2点及び数多性質を更なる高みをへ押し上げている要因が多色クリーチャーサーチ効果である。他能力で相手を荒らした後、立て直しを図るであろう相手の動きを見据えてサーチを行うことで効力をより確実なものとすることが出来る。
迅速に勝負を決めに行くなら《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》、さらなる消耗を強いるなら《偽りの王 ヴィルヘルム》、ランデス後に手札に使えずに残っているカードをハンデスできる《ニコル・ボーラス》、選択肢を増やしにいくなら《深塊封魔ゲルネウス》《護精霊騎ヴァルチャー》《飛散する斧 プロメテウス》、大量のマナを求めるなら《龍仙ロマネスク》《トップ・オブ・ロマネスク》、今まで恩恵が薄かった防御性能に関しても《百族の長 プチョヘンザ》や待望の多色ニンジャ・ストライク《怒流牙 サイゾウミスト》・・・といように、適切な場に適当な多色クリーチャーサーチすることで、単体のカードながらもその効力はゲームを先導出来るにまで至る。

1枚で本当に様々な性質を持つため、それぞれに役割を見出せば投入できるデッキは多岐にわたる。シールド追加に注目して《偽りの羅刹 アガサ・エルキュール》で踏み倒しを狙いつつ弾丸補充なども面白いし、ランデスに注目して《焦土と開拓の天変》を絡ませて徹底的に足を引っ張って消耗を強いてもいい(>【5色ランデス】)。グッドスタッフではこのカード自体が高いグッドスタッフ性を持つ上に、サーチ効果は文面以上に凶悪なものになるだろう。

カードパワー・ポテンシャル共にかなりの高水準をもったカードあるが、その分コストが非常に重い上に5色レインボーであるため、普通のデッキでは唱える事もままならない。能力の成長性や汎用性を考慮しても、高いデッキビルディング能力を要求される。

単純なパワーカードでありながらも、重量級5色レインボーのカバーを必要とし、その上でさらなるポテンシャルの底上げが可能な、デッキビルドやプレイングの腕が問われるカードである。
除去、防衛、潤滑油、疑似フィニッシャーなどなど、持てる役割は本当に多い。そしてそれらの役割を持てるかはデッキビルディングやプレイングで決まってくる。普通に投入してもいいのだが、個々の能力の成長性が高いため、構築で少し気にかけてやればさらなるパワーアップが期待できる。様々な能力が1枚に交錯する中、《ラスト・バイオレンス》に明確な仕事を見いだせれば運用性は跳ね上がるだろう。ポテンシャルは本当に高いため、是非とも上手く扱いたい1枚である。

  • ランデス効果は相手選択であるため、色基盤の破壊は行えない。ランデスを主軸とする場合はちょっと引っかかるかもしれない。
  • DMX-12にて収録されているこのカードのイラストには、漫画「ビクトリー」、アニメ「ビクトリーV」で登場した「YARASHI」のメンバー5人が描かれている。

収録セット

参考