幸運(こううん)精霊(せいれい)ファイブスター》

幸運の精霊ファイブスター R 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5500
W・シールド・プラス―自分の他の、パワーの最後の三桁が「500」のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚まで、裏向きのまま、自分のシールドいずれか1枚の下に加えてもよい。

DM-38で登場したエンジェル・コマンド
初にして唯一W・シールド・プラスを持ち、パワーの「桁」を参照する初のカードでもある。

デッキクリーチャー500単位パワーを持つカードに絞ることで、クリーチャーバトルゾーンに出すたびにシールド・プラスが誘発する。

相手のターンに出した時も誘発するため、《閃光の守護者ホーリー》《猛菌護聖ペル・ペレ》等のS・トリガーを持つ500単位クリーチャーと相性が良く、場合によっては連鎖的にシールド・プラスさせる事も可能。

しかし自身が出た時には誘発しない点がネックであり、使われることは少なかった。《父なる大地》《ドンドン吸い込むナウ》で即座に除去されては堪ったものではないだろう。同じく5コストで確実にシールド・プラスが発動する《天武の精霊ライトニング・キッド》の存在も気になるところ。

このように汎用性に欠けたカードだったが、2019年9月に《生命と大地と轟破の決断》が登場すると評価が一転。下記の《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》と共に出す事で超GRを大量展開する事が可能になった。その上シールド・プラスを重ねまくったシールドが保険として用意されるので、そのまま1ショットキルを決めるもよし、《音感の精霊龍 エメラルーダ》によるループを決めても良い。

  • 名前の由来はおそらく、俗語で最上級であることを意味する「五ツ星」から。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考