星狼凰(せいろうおう)マスター・オブ・デスティニー》

星狼凰マスター・オブ・デスティニー VR 闇/自然文明 (7)
進化クリーチャー:フェニックス/ナイト/サムライ 12000
進化V−自分のサムライ・クリーチャー1体とナイト・クリーチャー1体を重ねた上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにある「S・トリガー」付きの呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、クロスギアを1枚、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

DM-31で登場した/自然進化Vフェニックス/ナイト/サムライ

召喚時に通常よりも多くアドバンテージを失ってしまう進化Vだが、このカードアタックトリガーマナゾーンからS・トリガー付きの呪文クロスギアを使用できるため、幾分安定性は高い。
マナゾーンカードを消費する点が欠点だが、このカード自然を含むので、中盤以降も積極的にマナブーストすることで補うことが出来る。

普通に《地獄門デス・ゲート》《バジュラズ・ソウル》を使うだけでもそこそこ強いが、実は《フォトン・クロック》《フェアリー・スコップ》を利用することで無限アタッカーとなる。

  1. 《フェアリー・スコップ》クロスした《マスター・オブ・デスティニー》で攻撃
    1. トリガー能力マナゾーンからS・トリガー付き呪文を唱えてもよい」(→「マナゾーンからクロスギアを出してもよい」)が解決待ち。
    2. トリガー能力「墓地から1枚マナゾーンに置いてもよい」が解決待ち。
  2. 「マナゾーンからS・トリガー付き呪文を唱えてもよい」を解決。マナゾーンから《フォトン・クロック》を唱える。
    1. 《マスター・オブ・デスティニー》をアンタップ
    2. 《フォトン・クロック》は墓地に置かれる。
  3. 「墓地から1枚マナゾーンに置いてもよい」を解決。
    1. 《フォトン・クロック》が墓地からマナゾーンに。

これを繰り返すことで、S・トリガーなどに邪魔されないかぎり勝利である。コンボ発動までの準備も、《フェアリー・スコップ》がこのクリーチャーの能力で用意できるため、揃えやすい。
このクリーチャーのアタックトリガーと《フェアリー・スコップ》の能力のどちらを先に行うかは任意だが、どちらの場合でもコンボは成立する。

ネックとなるのは進化元である。サムライナイトが両方必要なので、両方揃えるのは苦労する。ナイトならば《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》《魔光蟲ヴィルジニア卿》が使えるのだが、サムライの方はビートダウン向けのものが多く、手頃なものが少ない。強いて言うならば《武力の使徒ウコン》《爆獣マチュー・スチュアート》などが適任だろう。

両方の種族を持つものには《蒼狼アクア・ブレイド》《究極男》がいるので、デッキ次第ではそれらも考慮に入る。7マナ重いので、マナ進化元が揃い次第《母なる星域》で引っ張り出してやるといいだろう。

使いこなすのは難しいが、コンボが決まった瞬間は非常に爽快である。腕に覚えのあるプレイヤーは手に取ってみるといいだろう。

収録セット

参考