精神(せいしん)(きざ)(もの)、ジェイス》

精神を刻む者、ジェイス P 水文明 (4)
クリーチャー:ヒーロー/プレインズ・ウォーカー 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚引く。その後、自身の手札を2枚、山札の一番上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

DMX-22で登場したヒーロー/プレインズ・ウォーカー

cipで枚数を選べない《ブレイン・ストーム》を撃ち、アタックトリガーで相手クリーチャー1体をバウンスする。

基本的に場に出ることに意味があるシステムクリーチャーだが、次のターンからは攻撃時にバウンスすることができるため、バトルゾーンで棒立ちといった状況にならないのが強み。
《スベンガリィ・クロウラー》と合わせればタップインさせた相手のクリーチャーを処理できる。そのため、自軍の殴り返しを禁止する《スベンガリィ・クロウラー》の弱点を補い、非常に隙のない盤面となる。

cipで3ドローできる点を活かし、《龍波動空母 エビデゴラス》龍解要員としての利用が主となるだろう。

  • 元ネタはMagic:The Gatheringに登場する《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》で、そちらとのコラボカードとして登場。
    • あちらは「忠誠度能力」と呼ばれる、カウンターの増減によって起動する能力を持っており、そのうちの忠誠度±0能力をcipとして、忠誠度-1能力をアタックトリガーとして再現している。
    • また、本家には更に2つの能力が備わっており、片方は「プレイヤーを一人選び、山札の一番上のカードを見て、それを山札の一番下に置いてもよい」といった能力、もうひとつは「相手の山札をすべて追放し、その後相手は自身の手札を山札に加えてシャッフルする」といった感じの能力である。前者はこのカードcipと発動タイミングが競合し、後者はコストに対して凶悪すぎる能力だったためか再現されていない。
    • その凶悪さもあって本家では「神」「神ジェイス」、あるいはもっと直截に「ぶっ壊れカード」などと呼ばれ、シングルカードが1枚あたり1万円前後にまで達するトップレアである。残念ながらデュエル・マスターズにおいてはすべての能力を再現している訳ではないので、本家ほどの活躍が見込めない。
    • ちなみに、フレーバーテキストは同じくMtGの《解明/Lay Bare》からの引用である。
    • このカードに描かれている「ジェイス・ベレレン」はかつて《ニコル・ボーラス》が設立した、次元をまたぐ秘密結社「無限連合」を乗っ取ってしまった過去があり、その他にもボーラスの野望の邪魔となることが多い(ジェイスはジェイスで守りたいものがあるためボーラスと敵対せざるを得ないのだが)そのためいずれは対峙する運命にあるが、先に他のTCGで対決することになるのは面白い。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMX-22
    お前の失敗から学ぶのも悪くはないが、他の誰かの失敗から学んだ方がよっぽどいい。 ---ジェイス・ベレレン

収録セット

参考

関連URL

http://mtgwiki.com/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E3%82%92%E5%88%BB%E3%82%80%E8%80%85%E3%80%81%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9/Jace,_the_Mind_Sculptor