蒼神龍(そうしんりゅう)ヴェール・バビロニア》

蒼神龍ヴェール・バビロニア R 水文明 (5)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/オリジン 4000
自分がカードを1枚引く時、1枚のかわりに2枚引いてもよい。そうした場合、自分の手札を1枚捨てる。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見て、その中から1枚選ぶ。相手はそれを自身の山札の一番下に戻した後、カードを1枚引く。

DM-32で登場したポセイディア・ドラゴン/オリジン
カードドローする際、1枚引く行為を《エマージェンシー・タイフーン》に置き換える効果と、擬似的なピーピングハンデスcip能力を持つ。

初期の裁定ではカードを1枚引く場合にのみ効果を適用可能だったが、後々の裁定変更によって《エナジー・ライト》等によってカードを同時に複数引く場合にも効果を適用出来る様になった。
これにより、相手ターン中にS・トリガーによって唱えたドロー呪文からマッドネスを呼び出す等のプレイングが可能になった他、効果そのものも適用しやすくなった事で、有用性は少なからず上昇した。墓地利用メタである《サイバー・N・ワールド》を出されても結局5枚は肥えるため、耐性は強いと言えよう。

ターンの最初のドロー以外にも反応するので、《クゥリャン》《ハッスル・キャッスル》《知識の精霊ロードリエス》などと併せることも可能。
ドローカードによっては1ターンに何回もドローを行う事もできるが、山札切れに注意。

何らかの方法で相手ターンドローできればマッドネスの起動に使うことが可能。
《ハッスル・キャッスル》シノビあたりが安定している。

  1. 何らかの方法で相手ターン中にドローを行う。
  2. バビロニアの効果を使い、マッドネスでバイケンを出す。
  3. バイケンでバイケンを戻し、《リップ・ウォッピー》ドロー、1に戻る。
  1. 何らかの方法で相手ターン中にドローを行う。
  2. バビロニアの効果を使い、手札を1枚捨てる
  3. 《宣凶師ドロシア》効果ドロー、1に戻る。
  • 《水上第九院 シャコガイル》との相性も良い。相手のターンのはじめに10枚も自分の山札を削れるため、一気に《シャコガイル》のエクストラウィンに近付くことができる。そのため、《シャコガイル》の効果判明時には久々にこのカードが注目を浴びている。
  • 名前の由来は、メソポタミア南部を占める地域、及び興った国「バビロニア」からだろう。首都はバビロン。使用者のバベルにもかかっている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考