DM Wiki (旧EUC版)


デュエル・マスターズ WikiはEUC版からUTF-8版に変更しました。
今後はデュエル・マスターズ Wiki (UTF-8版)をご利用ください。
旧EUC版は今後もこちらで保管予定です。


超次元(ちょうじげん)()ブルー・グリーンホール》

超次元の手ブルー・グリーンホール C 水/自然文明 (4)
呪文
このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体のパワーは、自分の手札1枚につき+1000される。
コスト5以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-03で登場した/自然超次元の手呪文

エキスパンションで登場した超次元の手呪文サイクル/自然担当。

自分のクリーチャー1体を選び、手札の数だけパンプアップさせる。
その後、コスト5以下のサイキック・クリーチャーを出す。効果はすべて強制

パンプアップは状況によってはあまり機能しない効果だが、所詮オマケ程度の効果なのであまり気にする必要はないだろう。
裏を返せば、状況によってはとんでもない効果になりえる。特に《無限掌》アンタップキラーが絡む場合、一瞬で相手の場を壊滅させられる危険もある。

ただし、この手の多色の4マナ超次元呪文は数が多く、他のカードが優先されやすい。パンプアップならば《激相撲!ツッパリキシ》を出せば済むことであり、より多くのアドバンテージを取れる《超次元グリーンレッド・ホール》《超次元ブルーホワイト・ホール》などを使った方がいい場面も多い。

自然カードが足りず、かつパンプアップが欲しいデッキならば採用のチャンスはあるだろう。

  • このカードに描かれている手は「右手」である。

サイクル

DMR-03コスト4の多色超次元の手呪文サイクル。 いずれも敵対色2色からなり、サイキックコスト5のサイキック・クリーチャーを呼び出すことができる。また、各呪文によって違う、付属の効果を持つ。

収録セット

参考