DM Wiki (旧EUC版)


デュエル・マスターズ WikiはEUC版からUTF-8版に変更しました。
今後はデュエル・マスターズ Wiki (UTF-8版)をご利用ください。
旧EUC版は今後もこちらで保管予定です。


超次元(ちょうじげん)()ホワイト・ブラックホール》

超次元の手ホワイト・ブラックホール C 光/闇文明 (4)
呪文
いずれかのシールドゾーンからシールドをひとつ選んで見る。その後、いずれかのシールドゾーンからシールドをひとつ選んで持ち主の墓地に置く。その持ち主は、自身の山札の上から1枚目を新しいシールドとしてシールドゾーンに加える。
コスト5以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-03で登場した/超次元の手呪文

エキスパンションで登場した超次元の手呪文サイクル/担当。
誰かのシールドを1枚見て、その後誰かのシールドを1枚墓地に置き、墓地に置かれた持ち主は自身の山札の1枚目をシールドに加える。
その後、コスト5以下のサイキック・クリーチャーを出す。
効果はすべて強制

相手に使えばS・トリガーの確認と、確認したカードが運良くS・トリガーであればそれを落とせる活躍を見せてくれる。そうでなくとも、適当に別のをシールド焼却して、それがS・トリガーであれば、相手にとっては堪ったものではない。
自分に使えばS・トリガーを仕込むのに使える。この際、山札操作をすればより効果的に使える。
また、メタとしても優秀で、《ハッスル・キャッスル》などの強力なを叩き落せる。

アドバンテージを稼げるかどうかが運次第になる場合は少なくないので、何らかの工夫をしていきたいところ。
とりあえず山札を削るために打つ他、コンボデッキにおいて、シールドに埋まった重要カード墓地に落として回収、といった動きもできる。
総じて、戦略的なデッキを組む時にはお呼びの掛かる1枚。

  • このカードに描かれている手は「右手」である。

サイクル

DMR-03コスト4の多色超次元の手呪文サイクル。 いずれも敵対色2色からなり、サイキックコスト5のサイキック・クリーチャーを呼び出すことができる。また、各呪文によって違う、付属の効果を持つ。

関連カード

収録セット

参考