超神星(ちょうしんせい)DEATH(デス)・ドラゲリオン》

超神星DEATH・ドラゲリオン SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ/フェニックス 11000
マナ進化GV−闇のクリーチャーを3体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚まで墓地に置いてもよい。そうした場合、そのターン、こうして墓地に置いたカード1枚につき、バトルゾーンにあるクリーチャーすべてのパワーは-3000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される。)
W・ブレイカー

DM-30で登場したマナ進化GVドラゴン・ゾンビ/フェニックス
《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》《破壊神デス》が合体したような容姿のフェニックスドラゴンでもあるため様々なサポートを受けられる。

メテオバーンクリーチャー全体のパワー低下
一度の攻撃で最大でパワー9000以下のクリーチャーを全滅させることができる。
貧弱なシステムクリーチャーはもちろん、《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》等のフィニッシャー《インフィニティ・ドラゴン》も一撃で葬る。【ドルゲーザ】【ジェスターソード】などにもよく効き、大抵のデッキならばバトルゾーンを空に出来る。

欠点は、自身を含む自分のクリーチャー全員も巻き込んでしまうこと。味方も大半が吹き飛んでしまうので、せっかくブロッカーを掃除しても攻めきれなくなってしまうことが多い。

この点についてはpig能力を持つクリーチャーを並べたり、他のクリーチャーで殴ったあとに能力を使うなど工夫するといい。味方のドラゴン破壊して《黒神龍グールジェネレイド》リアニメイトしたり、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を用意しておくのも手。

メテオバーン効果はこのカード自身にも及ぶため、パワー11500以上のクリーチャーに対処できない、ニンジャ・ストライクで出た《光牙忍ハヤブサマル》などにバトル負けしやすいなどの脆さはあるものの、フィニッシャーとして、あるいは場のリセットカードとして十分に強力。

マナ進化GVなのでクリーチャーを全滅させられて追い詰められた時にも使え、一気に状況をひっくり返せるのが非常に爽快。全体除去らしく劣勢時からの逆転に向いていると言える。

また、メテオバーンは小出しにすることもできる。
味方にパワー3500以上か6500以上のクリーチャーが多く、相手に3000以下か6000以下が多いなら特に効果的なので、デッキを組む際は味方のパワーもある程度意識すべき。

少々癖が強いが、きちんとデッキを組めばかなりの強さを発揮するカードと言える。専用デッキについては「【DEATH・ドラゲリオン】」を参照。

  • 《Dの地獄 ハリデルベルグ》との相性も良い。
    メテオバーンの能力で全体を−9000した時に自分のクリーチャーも巻き込まれて破壊されるので、《ハリデルベルグ》の能力で相手のクリーチャーに−4000の追い打ちをかけ、より確実に掃除することができる。
    さらに、ターン終了時のDスイッチで、破壊された自分のクリーチャーを一気にリアニメイトできる。

関連カード

収録セット

参考