謎帥(なぞすい)艦隊(かんたい)

謎帥の艦隊 R 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
マナ武装 4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、クリーチャーをさらに2体まで選び、持ち主の手札に戻す。

DMR-22で登場した呪文

通常時でも1マナ重いだけの《スパイラル・ゲート》であり、手打ちもしやすくコストパフォーマンスは中々良好。
同コストの《Rev.スパイラル》と異なり自分のクリーチャーバウンスの対象に選べるため、あちらでは出来なかったセルフバウンスで《解体人形ジェニー》などのcipを使い回す戦術も取れる。

更にマナ武装4を達成することで《幾何学艦隊ピタゴラス》を上回る計3体のバウンスが可能。
条件はやや厳しいが、同サイクルの他の呪文と比べて未達成時でも十分に優秀なので序盤から無理して狙う必要はないだろう。

環境において

革命ファイナルカップエリア代表決定戦中部大会ベスト4に輝いたデッキは、《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》で用意した14マナ以上もの大量のマナを使って《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《ボルバルザーク・エクス》を延々と使い回し、コスト7以下の呪文を好きなだけ使って相手の盤面や手札などを処理しつつ《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》のエクストラウィン条件をより確実に満たす、いわゆる「謎帥ループ」であった。

新章デュエル・マスターズ環境では《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》のエクストラウィン能力を確実にトリガーさせるために【5色ジョリー】で使用されていた。「《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》で大量のマナを用意し、このカードで盤面を処理してから、《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》をぶつけるだけ」というプレイングの簡潔さから、大会でもこのコンボが使用されるようになった。

《怒流牙 サイゾウミスト》《轟牙忍 ハヤブサリュウ》など優秀なシノビが登場するにつれて、相手ターン中に唱えることでそれらを再利用する札としての個性が活きるようになった。

その他

サイクル

DMR-13マナ武装5呪文サイクルのリメイク。全てマナ武装4を持つ。

関連カード

収録セット

参考