【ネイチャーループ】

《生命と大地と轟破の決断》を使った【緑単ループ】
DMEX-07時点では《カラフル・ナスオ》《バロン・ゴーヤマ》などのワイルド・ベジーズを多く採用した型が主流であったため、【野菜ループ】や【野菜GR】と呼ばれることもあった。

生命と大地と轟破の決断 SR 自然文明 (5)
呪文
この呪文を自分のマナゾーンから唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►自分の山札の上から1枚目を、タップしてマナゾーンに置く。
►コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体はパワー+3000され、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。
BAKUOOON・ミッツァイル SR 火文明 (9)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 9000
このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

主要カード

《生命と大地と轟破の決断》連打して盤面を並べる動きの要
《BAKUOOON・ミッツァイル》GR戦術の要。1ショットキルもこなせる

候補カード

超GRゾーン

このデッキの回し方

序盤はマナブーストしつつループパーツをマナチャージする。《侵革目 パラスラプト》が活かせるように、余裕があれば《カラフル・ナスオ》を4マナ域の時に召喚すると良い。邪魔なシステムクリーチャー《バングリッドX7》除去しよう。

5マナの状態になったらマナゾーンの《生命と大地と轟破の決断》を唱え、《バロン・ゴーヤマ》と《パラスラプト》をマナゾーンから踏み倒しで出す。《ゴーヤマ》から解決して《カラフル・ナスオ》バトルゾーンに出し、《パラスラプト》で墓地からマナブーストを行う。こうすることでアンタップマナを大抵5枚から6枚用意できるので、再び《轟破》を唱える。こうして《BAKUOOON・ミッツァイル》1体で超GRのクリーチャーを出しきれる程に盤面を増やしていく。

ループだけ考えるなら3ターン目に《ラ・ズーネヨマ・パンツァー》を置いてから4ターン目に《逆転のオーロラ》でリソースを稼ぎ、そのまま《轟破》からソリティアに入るという手もある。

《デスマッチ・ビートル》がある場合《轟破》による踏み倒しで出したクリーチャーの着地が阻害されるため、勿体ないが《轟破》で2回パンプアップしつつ疑似マッハファイター付与を活かして《ミッツァイル》で殴り返そう。

ループの手順

アンタップマナ生成ループ

バトルゾーンに《ミッツァイル》1枚、《マリゴルドIII》2枚、《パラスラプト》1枚、《パキラキII》1枚が必要。マナゾーンに《ミッツァイル》、《パラスラプト》、《ノーダンディ・ネギオ》が各1枚必要。超GRは0枚になっていること。マナゾーンにある《ミッツァイル》は予めアンタップされている必要がある。《パラスラプト》の革命2が使えるようにシールドは0枚でなくてはならない。

  1. マナゾーンの《ミッツァイル》をタップしてその《ミッツァイル》を《パラスラプト》の革命2によりマナ召喚。初期状態のバトルゾーンに必要なクリーチャーをすべて破壊し、GR召喚。
  2. 1体目の《マリゴルドIII》でマナゾーンの《パラスラプト》をバトルゾーンに。《パラスラプト》の能力で墓地の《パラスラプト》をマナゾーンに。
  3. 2体目の《マリゴルドIII》で《ネギオ》をバトルゾーンに。《ネギオ》の能力で必要のないカードマナゾーンから山札の上に置き、墓地の《ミッツァイル》をマナゾーンに。
  4. 《パキラキII》の離れた能力で3.で山札の上に置いたカードをマナゾーンへ。
  5. 1.に戻る。2巡目以降は盤面に《ネギオ》が加わることが前提になる。これを繰り返すことでマナゾーンのカードが全てアンタップする。

フィニッシュループ

アンタップマナ生成ループの際のバトルゾーンの必要カードの内、《パキラキII》を《ツタンメカーネン》に置き換え、さらに《ネギオ》を加えること。マナゾーンからは必要カードとして《ネギオ》が抜け、代わりに《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転のオーロラ》が入る。

  1. マナゾーンの《ミッツァイル》をタップしてその《ミッツァイル》を《パラスラプト》の革命2によりマナ召喚。初期状態のバトルゾーンに必要なクリーチャーをすべて破壊し、GR召喚。
  2. 1体目の《マリゴルドIII》でマナゾーンの《パラスラプト》をバトルゾーンに。《パラスラプト》の能力で墓地の《パラスラプト》と《ネギオ》マナゾーンに。
  3. 2体目の《マリゴルドIII》で《ネギオ》をバトルゾーンに。《ネギオ》の能力で《ズーネヨマ/オーロラ》をマナゾーンから山札の上に置き、墓地の《ミッツァイル》をマナゾーンに。
  4. 5マナ支払って《ズーネヨマ/オーロラ》を空打ち。
  5. 1.に戻る。2巡目は墓地に《ズーネヨマ/オーロラ》が加わることが前提になる。やがて途中でアンタップマナが足りなくなるため、3.で止めてアンタップマナ生成ループに移行。これでループが証明され、相手の山札のみが無くなる。

長所

速ければ4ターン目にループに入って勝てるので、【速攻】に対しては強め。

1ショットキルプランもある上に《ジェイ-SHOCKER》《スゴ腕プロジューサー》の5、《終末の時計 ザ・クロック》の3などが防げるため、一概にただ殴るだけになるとは言い切れない。

マナゾーンに積極的にキーパーツを埋めるのでハンデスには比較的強い。

《逆転のオーロラ》マナが増えるので《奇石 ミクセル》方式のコスト踏み倒しメタに強く、シールド落ちにも耐性があるため、デッキの再現性が非常に高い。

短所

先述の通り《デスマッチ・ビートル》は無理しないと除去できないため、苦手である。だがこのデッキが周知されたきっかけとなった「DMGP-9th」では《デスマッチ・ビートル》が死滅しており、だからこそベスト64に進出できたのだと言える。

シールドが減り《逆転のオーロラ》から同一ターン中に《生命と大地と轟破の決断》へ繋がらなくなるため、速攻に対しては不利が付く。

《カラフル・ナスオ》バトルゾーンに出すタイミングによっては《ポクチンちん》などの墓地利用メタも痛手になる。序盤の《生命と大地と轟破の決断》から始動する前の段階で不用意に出してから墓地リセットされるのはまずい。

環境において

DMGP-9th」ベスト64の実績が残されて話題になったデッキ。後の公式が公開したTOP32デッキリストによると、最高実績はベスト16。以降、チャンピオンシップ4位以内入賞が続々報告され、環境の一角となった。

参考