【ハウクスバイク】

「バトルゾーンから墓地に置かれた時」というテキストの裁定変更から生まれたデッキ。基本的に【レッドゾーン】《闇侯爵ハウクス》を入れただけのデッキに近く、《闇侯爵ハウクス》封印カードから墓地に送って効果を発動させアドバンテージを稼ぎながら殴っていく。

元は「バトルゾーンから墓地に置かれた時」と「破壊された時」は同一視されていたが、「どこからでも墓地に置かれた時」というテキストが登場し、裁定変更が行われた。この裁定変更により封印のカードが墓地に置かれた時にも「バトルゾーンから墓地に置かれた時」という効果が発動するようになった。

しかし2019年10月2日正式回答にて、「バトルゾーンから」の文面がある場合の処理が再定義された。これにより封印のカードが墓地に置かれた時は「バトルゾーンから墓地に置かれた時」の効果は発動できなくなり、このデッキは機能しなくなってしまった。

闇侯爵ハウクス R 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード 5000
このクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれたとき、各プレイヤーは自分自身の手札をすべて、それぞれの墓地に置く。
ボマーザウルス R 火文明 (5)
クリーチャー:ロック・ビースト 5000
このクリーチャーがバトルゾーンから墓地に置かれるとき、各プレイヤーは自分自身のマナゾーンからカードを2枚ずつ選び、それぞれの墓地に置く。
禁断の轟速 レッドゾーンX SR 闇/火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/S級侵略者/イニシャルズ 8000
進化−自分の闇または火のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[轟速]−闇または火のコマンド(自分の闇または火のコマンドが攻撃する時、自分の手札か墓地、またはバトルゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、相手はそれに封印をひとつ付ける。

主要カード

概要

S級侵略《闇侯爵ハウクス》の効果が相性がいいことから、《S級不死 デッドゾーン》《禁断の轟速 レッドゾーンX》を軸にデッキが作られることもある。侵略元を召喚した時点で《闇侯爵ハウクス》が封印として墓地送りになった場合、両プレイヤー全ハンデスの際に《禁断の轟速 レッドゾーンX》が落ちれば自身へのハンデスはケア可能。

長所

運次第で3ターン目にオールハンデスを仕掛けながら墓地から《禁断の轟速 レッドゾーンX》に侵略して相手クリーチャー1体を処理できるなど、ハマった時の爆発力は高い。

特に《ボマーザウルス》の妨害性能は2ランデスと破格であり、4ターン目までに封印から落ちれば後は相手はS・トリガー《サイコロプス》に賭けるしかない。

短所

このデッキの成立時点で【レッドゾーン】の速度自体圧倒的とは言えなくなったため、言い換えればこれより早く殴り切るデッキは苦手。先攻を取れば封印外しで妨害の目があるが、後攻に甘んじた場合はそのまま殴り切られる恐れが極めて高い。枠の都合上S・トリガーを削って墓地送りトリガー獣を積み込んでいるため致し方ない部分はある。

ハンデスランデスも効果が薄い【“轟轟轟”ブランド】などには、今引き次第ではこのデッキ自体が全く刺さらないこともある。

参考