【マスター・オブ・デスティニー】

《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》《フォトン・クロック》《フェアリー・スコップ》を使った1ショットキルデッキ

星狼凰マスター・オブ・デスティニー VR 闇/自然文明 (7)
進化クリーチャー:フェニックス/ナイト/サムライ 12000
進化V−自分のサムライ・クリーチャー1体とナイト・クリーチャー1体を重ねた上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにある「S・トリガー」付きの呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、クロスギアを1枚、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー
フォトン・クロック C 光文明 (4)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。その後、バトルゾーンまたはマナゾーンにある自分の多色カード1枚をアンタップしてもよい。
フェアリー・スコップ C 自然文明 (1)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚自分の墓地から自分のマナゾーンに置いてもよい。

以下の条件を満たすことで1ショットキルが可能。

マナゾーン《フォトン・クロック》を置き、《フェアリー・スコップ》クロスした《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》攻撃すると

  1. 《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》アタックトリガー《フォトン・クロック》を唱える
  2. 《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》アンタップし、《フォトン・クロック》は墓地へ
  3. 《フェアリー・スコップ》によって今唱えた《フォトン・クロック》がマナゾーンに戻る

と動くことでループが成立し、同一ターン中に無限に攻撃することが可能になる。これにより、1ターンで全ての相手シールドブレイクして勝利することを目指す。

《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》サムライ/ナイト進化Vなので、いかにこのカードを出すかが非常に重要。

《ダンディ・ナスオ》《緑銅の鎧》などで《フォトン・クロック》をマナに置きつつ、《母なる星域》《魔光蟲ヴィルジニア卿》《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》を出す。

もしくはナイトを主軸にし、相手をハンデスコントロールしながら進化元を出していき、準備が整い次第《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》を出して止めを刺す。

キーカードが存在する白黒緑をベースに、タッチすることが多い。ナイトを軸にする場合は、が中心となり、自然タッチ扱いとなる。

主要カード

《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》無限攻撃コンボの要
《フォトン・クロック》《デスティニー》で唱える
《フェアリー・スコップ》《フォトン・クロック》をループさせる

候補カード

進化元の候補・サムライ

進化元の候補・ナイト

進化元の候補・サムライ兼ナイト

《蒼狼アクア・ブレイド》サムライ/ナイトの軽量バニラ
《究極男》
《蒼狼スペルギア・ファントム》攻撃時にランデスバウンスを放つ。このデッキでは進化を狙うため、クロスギアの複数積みはし辛いか
《クイーン・アマテラス》《蒼狼の始祖アマテラス》の調整版。コストは増えたが、使いやすさは相変わらず

ナイト型の候補

このデッキの戦い方

《フォトン・クロック》《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》マナゾーンに用意し、進化元となるサムライナイトバトルゾーンに揃い次第、進化して止めを刺す。

進化元に便利なのは、サムライだと《奇兵の超人》《武力の使徒ウコン》あたり、ナイトだと《魔光王機デ・バウラ伯》《魔光死聖グレゴリアス》あたりか。

《蒼狼アクア・ブレイド》《究極男》は両方の進化元となれるので便利である。

ナイトを主軸にするならば強力なナイト呪文を使用可能。《魔光ドラム・トレボール》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を出してナイトを確保し、《魔弾バレット・バイス》《魔弾オープン・ブレイン》アドバンテージを得ていく。

この場合、自然タッチ扱いとなり、ほぼ《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》《フェアリー・スコップ》《母なる星域》のためだけに入れることとなる。

このデッキの弱点

フィニッシャー進化Vなので、進化元除去されると非常に苦しい。勝ち筋を《星狼凰マスター・オブ・デスティニー》による連続攻撃に絞っているので、この点は非常につらいだろう。

ナイト呪文でひたすらコントロールしていくか、カードパワーの高いサムライナイトを入れて、進化せずともそこそこ戦えるようにするのが吉か。

その他

参考