【GRジョーカーズ】

【緑ジョーカーズ】の戦略をGRクリーチャーに寄せたアーキタイプの総称。DMSD-08期に成立。緑零にタッチして組まれる。

ガチャダマン R 自然文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
自分のGRクリーチャーすべてに「マッハファイター」を与える。
ウォッシャ幾三 C 自然文明[ジョーカーズ] (3)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 6000
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーに変更してもよい。)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

【GRジョーカーズ】に使われるカード

主要GR召喚手段

《ガチャダマン》先鋒を切るGR召喚持ちであり、小型への対処の要
《ウォッシャ幾三》プレイヤー攻撃不能だが《ジョジョジョ・マキシマム》G・ゼロ元、ブレイク数増加要員になる
《怒ピッチャコーチ》GR召喚したクリーチャーに、スピードアタッカー付与する

自然

《ポリスワン》自分のクリーチャーを疑似マッハファイターにする。
《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》コスト6以下のジョーカーズを踏み倒して、バトルさせるS・トリガー持ち
《SMAPON》パワー2000の全体火力とスーパー・ボーナスで相手クリーチャーを止めるスーパー・S・トリガー

無色

超GRゾーン

弱点

【GRジョーカーズ】共通の弱点として、基本的な動きが《ガチャダマン》に依存しているため、《ガチャダマン》を引けない場合、または「《ガチャダマン》によるマッハファイター化で処理できないサイズのクリーチャー」に出くわした時が脆い。パワー1000程度の非力なGRクリーチャーが捲れてもバトルに利用しづらいので、時にはバニラのようなものだと割り切ってそのまま動かさずにおくプレイングも重要。

【GRジョット・ガン・ジョラゴン】

《ジョット・ガン・ジョラゴン》フィニッシャー

超天篇初期からあったデッキタイプだが、【ジョラゴンループ】が暴れていたため、ほとんど使われなかった。しかし、《ガヨウ神》の殿堂入りと、新たなディスカードドローソース《ゴッド・ガヨンダム》の登場で注目されるようになった。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》フィニッシャージョラゴン・ビッグ1手札から捨てたジョーカーズcipを使える
《アイアン・マンハッタン》結構な勢いでマナが伸びるので、最悪7コスト支払って出してしまおう
《キング・ザ・スロットン7/7777777》ジョラゴン・ビッグ1要員
《スターダム・スタージアム》一度に2回GR召喚GR召喚するたびに相手のクリーチャーをマナ送り
《プラモデ〜ル》ジョラゴン・ビッグ1を誘発できるGR召喚持ち
《ソーナンデス》マッハファイターで敵を殴りつつ、手札を捨ててマナ回収。《ジョット・ガン・ジョラゴン》にチェンジしてジョラゴン・ビッグ1発動できる

運用

序盤から中盤にかけて《ガチャダマン》マッハファイター化したGRクリーチャーを活かしたクリーチャー同士の潰し合いになる。相手のシステムクリーチャーを処理したら《ジョット・ガン・ジョラゴン》を走らせよう。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》アタックトリガー《プラモデ〜ル》《アイアン・マンハッタン》《キング・ザ・スロットン7》を捨てて、さらなる展開をしていこう。超GRから、ディスカードができる《ゴッド・ガヨンダム》や、もう一度《ジョット・ガン・ジョラゴン》の再攻撃を促す《マシンガン・トーク》が捲れることを期待して、2回GR召喚ができる《スターダム・スタージアム》を捨てるのもいい。

【バラカルビループ】

《元気健康バラカルビ》のアンタップマナ生成と《ジョット・ガン・ジョラゴン》のコスト支払いにおけるバウンスを活かしたループ。《ジョット・ガン・ジョラゴン》による攻撃ジョラゴン・ビッグ1の使用は行わない。

主要カード

超GRゾーン

フィニッシュループの準備

バトルゾーンに4コスト軽減GRクリーチャー3体、《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体が必要。手札に《ジョット・ガン・ジョラゴン》1枚が必要。アンタップマナが3枚必要。

  1. 4コスト軽減とバトルゾーン《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体をバウンスすることによる2コスト軽減、合計6コスト軽減の1コストで[《ジョット・ガン・ジョラゴン》]]を召喚。
  2. 2コストで《元気健康バラカルビ》を召喚。ここでアンタップするマナを初期状態でアンタップしていた3枚ピッタリにしないとループが証明されない。
  3. 1.に戻る。こうすることで超GRクリーチャーすべてをGR召喚できる。

フィニッシュループ

マナゾーンに《バングリッドX7》1枚、《ポクチンちん》1枚が必要。バトルゾーンに《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体、《ツタンメカーネン》1体、《オレちんレンジ》体が必要。手札に《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《ガガガン・ジョーカーズ》1枚が必要。超GRは0枚になっていること。フィニッシュループの準備の流れでバトルゾーンに4コスト軽減があるはずである。

  1. 《バングリッドX7》の能力で自己マナ召喚。バトルゾーンに出た《バングリッドX7》の能力で《ポクチンちん》をマナ召喚。
  2. 《ジョット・ガン・ジョラゴン》を1コストで召喚。コストとして《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体、《ポクチンちん》1体、《オレちんレンジ》1体、《バングリッドX7》1体をバウンス。
  3. 《元気健康バラカルビ》を2コストで召喚。GR召喚するカードは《オレちんレンジ》で固定のはずである。マナを3枚アンタップ。
  4. 《ジョット・ガン・ジョラゴン》を1コストで召喚。コストとして《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体、《ツタンメカーネン》1体をバウンス。
  5. 《元気健康バラカルビ》を2コストで召喚。《ツタンメカーネン》をGR召喚。マナを3枚アンタップ。
  6. 4.に戻る。これを繰り返すことで《ツタンメカーネン》のcipが無限にストックされる。そして、自身の山札が1枚になるように各プレイヤードローの能力を解決する。終わったら7.に移行する。
  7. 《ガガガン・ジョーカーズ》を1コストで唱える。山札を見るだけで手札には加えない。
  8. 《ポクチンちん》を1コストで召喚。墓地には《ガガガン・ジョーカーズ》1枚だけのはずであり、自身をcipの対象にして山札回復
  9. 《ジョット・ガン・ジョラゴン》を1コストで召喚。コストとして《オレちんレンジ》1体、《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体、《ポクチンちん》1体をバウンス。GRクリーチャーを超GRに戻す際、《オレちんレンジ》を上にすること。
  10. 《元気健康バラカルビ》を2コストで召喚。GR召喚するのは超GRの上に予め調整した《オレちんレンジ》。マナを5枚アンタップ。
  11. 《オレちんレンジ》山札の上《ガガガン・ジョーカーズ》固定にする。
  12. 《ジョット・ガン・ジョラゴン》を1コストで召喚。コストとして《オレちんレンジ》1体、《ジョット・ガン・ジョラゴン》1体、《元気健康バラカルビ》1体をバウンス。
  13. 《元気健康バラカルビ》を2コストで召喚。《ツタンメカーネン》をGR召喚。《ツタンメカーネン》でドローするカードは《ガガガン・ジョーカーズ》で固定。マナを3枚アンタップ。
  14. 7.に戻る。これによって自分の山札が枚数が減らないまま相手の山札枚数だけが減る。

【ガンバトラーGRジョーカーズ】

単に【ガンバトラージョーカーズ】とも。

《ガンバトラーG7》フィニッシャージョーカーズが4体並ぶと2コストで召還できる
《ジョジョジョ・マキシマム》フィニッシャー呪文。ジョーカーズを大量に並べ、マナ加速も行うので条件達成はかなり楽。
《ヘルコプ太》cipでバトルゾーンのジョーカーズの数だけドロー。

回し方

とにかくバトルゾーンのクリーチャーとマナゾーンのカードを貯め、《ヘルコプ太》で手札補充。十分貯まったら《ガンバトラーG7》逆フュリー・チャージを活かした1ショットキルを行い、《ジョジョジョ・マキシマム》による呪文封じで勝ちに行くだけ。

《The ジョラゴン・ガンマスター》がいれば、《ジョジョジョ・マキシマム》を彼に唱えて、超天フィーバーブロッカー攻撃曲げ持ちクリーチャーを一掃しながら、シールドを割っていける。

弱点

クリーチャーをたくさん並べるため、《メガ・マグマ・ドラゴン》には弱い。【モルト NEXT】を始めとする【連ドラ】と対峙した時は要注意。

また、《ジョジョジョ・マキシマム》で呪文を封じようが、ジョーカーズを何体並べようが、《終末の時計 ザ・クロック》はケアできない。そうなった時の反撃に備えられるよう《バツトラの父》は必須だろう。

【ミッツァイルジョーカーズ】

詳しくは、「【赤緑ジョーカーズミッツァイル】」、「【赤青ジョーカーズミッツァイル】」にて。

参考