アフタージェネレートリーグ

ジェネレート(=ジェネレート・ギア)のアフター(=後)限定戦。
つまりDM-14 「転生編(ジェネレート・ギア) 第1弾」から後の弾だけのカードだけで作られたデッキで戦うレギュレーションである。
後の革命編から始まるブロック構築戦の始祖的なレギュレーションである。
当時使えたのは以下の通り。

新規参入してくるプレーヤーのためにこのようなレギュレーションが創られたとも、転生編は今ひとつ人気がでなかったため創設された、とも言われている。

環境【牙サファイア】デッキの上位独占という状態が最後まで続き、「サファイア地獄」と称された。

  • 略して「AG」「AG環境」という事もある。