サザンクロス

漫画「デュエル・マスターズ」シリーズのキャラクター
顔に十字の傷がある熊で、南極のデュエルマスターが育てていた熊である。
CV:田中完

南極のデュエルマスターと共に南極探検隊に紛れてガルドから逃げてきた。
しかし逃げ切れないと悟った南極のデュエルマスターからDMの証を託され、ガルドに敗北したことにより死に別れる。

「最強の闇使い」という情報を頼りに南極を訪れた黒城 凶死郎になついており、その行動をNACは「かたきを討ってほしい」と解釈した。
その後、ガルトに立ち向かい敗北した黒城をかばい、DMの力と思われる不思議な現象によって無事日本へと生還させる。

大長編2巻収録の話では、伝説のカードを求める黒城の旅に同行している。
この回では自らを「南極育ちの北極グマ」と紹介し、黒城を「親分」と呼んでいる。
基本的に人間の言葉は話せないが、この回のみ人間の言葉でセリフが書かれている。

  • 雑誌「ニューフロンティア」の『BC』では本編から月日が流れ成長した黒城の姿が確認できるが、サザンクロスの姿は見当たらない。

南極のデュエルマスター(スカイ)

南極のデュエルマスターであり、サザンクロスの名付け親である。原作では登場時点ですでに故人。
CV:牧口真幸

ガルドからの逃れるために南極探検隊に紛れて逃げてきた。
日記を書き残しており、それによって黒城とNACに「サザンクロスがDMになった経緯」が伝わった。
日記は7月26日で途切れその後消息不明になったことから、ガルドに敗北し死亡したと思われる。

「最強の闇使い」と呼ばれており、黒城はその噂を頼りに南極に訪れた。
ガルドを迎え撃ち敗北した黒城を不思議な力で助け、「きみならきっと最強の闇使いになれる」とカードを託した。

  • 原作では名前が判明しなかった。アニメ『クロス』ではスカイという名前で登場。こちらではデュエルマスターではないが、大まかな立ち位置は同じ。

関連カード

参考