ネクスト・ブレイカー

ネクスト・ブレイカー(このクリーチャーが、表向きのカードを含まないシールドをブレイクする時、かわりに相手はそのシールドのカードをすべて表向きにする)

DMEX-08で登場したブレイカー能力《CanCam》のみが持つ。

CanCam P 光文明 (1)
クリーチャー:(種族無し) 670
ネクスト・ブレイカー(このクリーチャーが、表向きのカードを含まないシールドをブレイクする時、かわりに相手はそのシールドのカードをすべて表向きにする)

表向きカードを含まないシールドブレイクする時、かわりにそのシールドカードをすべて表向きにする能力

裏向きカードだけで構成されたシールド置換効果ブレイクできないため、表向きカードが含まれているシールドしかブレイクできない。よって、特に工夫をしなければ1枚のシールドブレイクするのに2ターンかかることになる。
しかし、シールド表向きカードが1枚でも含まれていればブレイクできるようになるため、要塞化した裁きの紋章が含まれているシールドブレイクできる。

追加ブレイクを得て2つ以上のシールドブレイクする場合、シールドは1つ1つ区別されるはずである。
例えばこの能力を持つクリーチャーが追加で1枚多くブレイクできる時に表向きシールド1つと裏向きシールド1つを同時にブレイクしようとした場合、まず置換効果裏向きシールド表向きにされ、その後もう片方のシールドブレイクされるはずである。(要確認)

ブレイカー能力は重複しないルールにより、「ネクスト・ブレイカー」を持つクリーチャーW・ブレイカーなど他のブレイカー能力を得た場合、どちらか選択して使うことになる。例えばW・ブレイカーを得てそれを選択した場合、ブレイク可能なシールドは2つであり、裏向きカードを含むシールドも通常通りブレイクできる。「ネクスト・ブレイカー」を選択した場合、ブレイク可能なシールドは1つであり、それに表向きカードが含まれていなければブレイクするかわりに表向きにしなければならない。

また他のカードの能力などによって「ネクスト・ブレイカー」を持つクリーチャーシールドブレイクする場合、ブレイカー能力は適用されないルールにより、裏向きカードだけで構成されたシールドであっても通常通りブレイクできる。(《テキサス・ストーム》《シュトルム・シェキナー》など)

  • 能力名は「ネクストブレイク(次に流行するもの)」から来ているが、ニュアンスとしては「次のターンになるとブレイクできる」ということなのだろう。ファッション誌とのコラボカードならではのネーミングと言える。

関連カード

参考