ボルバル・マスターズ

聖拳編から転生編期の環境があまりにも《無双竜機ボルバルザーク》に支配されていたことを皮肉って作られた言葉。その環境の荒らしっぷりは、《ボルバルザーク》がプレミアム殿堂に指定されてから10年以上経つ現在でも類を見ず、デュエマ史上最大の暗黒期と呼ばれることもある。

2004年6月26日にDM-10の発売とともに登場。当初は、「自分はゲームに負ける」というデメリット能力が重く見られ、評価が低かった。しかし、エクストラターンの獲得によって負ける前に勝利できることがほとんどであったため、その強さが知れ渡るとともにこのカードの採用率も大きく伸び始めた。結果、その年の夏から冬にかけ、公式大会公認大会などでこのカードを使ったデッキが上位を独占することとなる。

当時の防御札はブロッカーS・トリガー、後に登場したS・バック程度しかなく、《ボルバルザーク》の猛攻を防ぎきるのは非常に難しかった。《ボルバルザーク》単体ですでに4打点分であり、S・トリガー封印や非常に汎用性の高い《母なる大地》の存在も相まって、真っ向から安定して受け切るのは不可能だったといってもよい。

2005年春の公式大会であるSCB及び同時期の各地の公認大会など、ボルバルは圧倒的なカードパワーで暴れ回っていた。

特にSCB関東大会(DM-13環境)ではオープン・レギュラーの上位16人がすべてボルバル系列デッキだったという悪夢としか言いようのない結果が出ていた。

ボルバルのエクストラターンの条件はバトルゾーンに出すだけと非常に緩く、自然タッチできるならば、ビートダウンだろうがコントロールだろうが非常に多くのデッキで採用することが可能だった。
逆に、余りにも手軽に使用できることから、ボルバルの入れられないデッキタイプや、ボルバル以外のフィニッシャーの多くは、その存在意義を失うこととなってしまった。

また、《ボルバルザーク》をマナゾーンから引っ張り出せる《母なる大地》に加え、後にウィニーを掃除して手札に変換する《炎槍と水剣の裁》S・トリガーを封じる《無双恐皇ガラムタ》ドローソース《トリプル・ブレイン》といった相性のいいカードが立て続けに登場したこともあり、《ボルバルザーク》のメタ上の地位はより揺るがないものになっていった。

ビートダウンならば無理やり自然タッチしてでも《母なる大地》と《ボルバルザーク》を入れた方が強力になる程であり逆にそれができないデッキカードパワーで大差をつけられやすかった。【速攻】【アクアンホワイトブラック】【白青黒赤ライブラリアウト】は《ボルバルザーク》が活躍していた時期にもアイデンティティを保っていたが、それでも《ボルバルザーク》に太刀打ちできたことが少なく、しかも他の《ボルバルザーク》無しのデッキはその存在意義を奪われ、デッキの自由度が著しく狭まった。《ボルバルザーク》の持つ性質もあり、当時環境プレイヤーの疲弊や不満は高まっていった。

聖拳編環境では殿堂入りの筆頭候補だったが、2004年12月15日に殿堂入りしたのは《アクアン》のみだった。おそらく登場からおよそ半年しか経っていなかったためであろうが、当時の暴れっぷりから考えればこれは多くの予想を裏切った。しかも、中途半端に《アクアン》だけを殿堂入りしてしまったがために【アクアンホワイトブラック】が消滅。これにより、以前にも増して《ボルバルザーク》の独裁体制はより確固たるものになり、環境は更なる悪化の一途をたどる。こうした処置も相まって非難が集中、《ボルバルザーク》の禁止カード化を求めて署名活動を行うカードショップまで現れるほどであった。

転生編に入ると、2005年7月15日にようやく《ボルバルザーク》は殿堂入り、デッキに1枚しか投入できなくなった。これにより、少しは環境が沈静化するとおもいきや、むしろこの1枚制限が却って更なる環境の悪化を招くことになってしまった。元々《ボルバルザーク》はゲーム中に2度以上使われることはほとんどないカードなので、結局先に出した者勝ちであることには変わりはなかった。そのため、今度はいかに《ボルバルザーク》を先に手札に持ってこれるかが勝負の鍵になり、サーチを使えば1枚制限のデメリットを減らせることから、今度はコントロールを中心に使われ続ける。シールドに埋まってしまうとサーチですら手札に持ってこれなくなるため、運ゲー要素が強まった。《ボルバルザーク》のデッキ同士の対決では、どちらか片方の《ボルバルザーク》がシールドに埋まってしまうと、そのプレイヤーはほぼ負けが確定してしまうという本末転倒な事態を招いてしまった。

殿堂入り後は、【ボルバルブルー】文明を加えた、【ボルバルブラック】の発展形である【除去ボルバル】が開発される。また、【ボルバルブルー】に当時に猛威を奮った《バジュラズ・ソウル》を加えた【バジュラズブルー】などのビートダウンでも活躍を続けていた。

長らく環境のトップを走り続けた彼だが、ついに2006年3月15日、新設されたプレミアム殿堂に指定されその役割を終えた。登場から禁止化までおよそ1年と9カ月だった。

《ボルバルザーク》の問題点

《ボルバルザーク》が暴れていた時代は、デュエマ史上最大の黒歴史と呼ばれていたが、それは《ボルバルザーク》が強すぎるというのももちろんだが、それ以上に殿堂入りプレミアム殿堂までにかかった期間の長さもあるだろう。《ボルバルザーク》が誕生してから殿堂入りするまでの期間は1年、その後プレミアム殿堂に指定されるまでの期間は9か月と、実に1年9か月もの長期間に渡ってボルバル・マスターズは続いた。この期間中、ボルバル・マスターズに辟易としてデュエマを辞めたプレイヤーは数知れなかったため、《アクアン》と同時期に殿堂入りでもしていれば、デュエマ史上最大の暗黒期と呼ばれることがなかった可能性は高い。

また、このカード自身の「自分はゲームに負ける」というデメリット能力を抱えていたことも問題であった。それは《ボルバルザーク》が出ると状況にかかわらず確実にゲームが終了させられるということであり、その時点でターンが回ってこないことは絶対となるため、プレイヤーの間で非常に嫌がられていた。特殊敗北条件のデメリットも、好きなだけカードをプレイしたあと、失敗したら勝手に自滅してしまうのだから、それで勝利した側もまるで面白くない。スパークを使って《無双竜機ボルバルザーク》を受けきる戦術は当時から存在したものの、結局それも相手が「ボルバルで自滅した」だけに終わってしまう。ボルバルが出された以上、負ける以前に自分で勝つ権利すら失われてしまうのである。

環境がたった一枚のフィニッシャーに牛耳られてしまうことはしばしばあるものの、《ボルバルザーク》の場合、「殿堂入りプレミアム殿堂に指定された時期があまりにも遅すぎる」「デッキカードの選択肢を著しく狭める」「出すと間違いなくデュエルが終了し、使われた側の自力で勝つ要素が失われる」の三点を兼ね備えている点で他の凶悪フィニッシャーと一線を画していると言えよう。

  • 余談ではあるが、この時期は遊戯王でも先攻1ターンキルが横行、「ジャンケンゲー」と揶揄された時期と重なり、デュエマに限らずTCG全体としても暗黒期であった。

参考